ゲーム情報最終更新日:2021年8月24日

【APEX】パッドとキーマウどっちが強いの?それぞれのメリットデメリットを分かりやすく解説!

メイン画像

APEXをプレイし始めて、PADとマウス、どちらが良いか悩んでいる方、移行を検討中の方に向けて、それぞれのメリット・デメリットについて紹介していきます。

PAD(コントローラー)のメリット

  • エイムアシストがついている

驚くかもしれませんが、PADでプレイするメリットは『エイムアシストが付く』ただそれだけです。

しかし、このエイムアシストだけで、PADが強いか・マウスが強いかの論争が生まれるほど、エイムアシストはマウス勢にとって驚異的なものになっています。

エイムアシストによって何が起こるのか

エイムアシストが付くことで、近距離で継続的に弾が当てやすくなり、近距離での勝率が高まります。

そのため、PADを使うプレイヤーは、DPSが高い武器を持った方が有利とされています。

オススメは、ボルトSMGやR-99などのサブマシンガンです。

PAD(コントローラー)のデメリット

  • リコイルコントロールが難しい
  • エイムアシストが効かない範囲がある
  • キャラコンが難しい
  • ボタンが限られている
  • 味方がダウンしている傍でリロードができない

近距離ではPADの方が有利ですが、キーマウと比較すると、PADには多くのデメリットが存在します。

エイムアシストが効かない範囲がある

実は、エイムアシストには範囲が存在し、その範囲を抜けるとアシストが反応しなくなります。

エイムアシストが無効化される範囲

エイムアシストの無効果範囲

1m以内の超近距離スナイパースコープでの射撃では、エイムアシストが反応しません。

キャラコンが難しい

さらにPADでは、キーマウプレイヤーのようなキャラコンは難しいとされています。

ボタンが限られている

コントローラーにはボタンの数が少なく、配置が限られているため、操作がしにくいことがよくあります。

例えば、味方がダウンしている傍でリロードをしようと思っても、PADでは味方の蘇生とリロードが同じボタンに割り振られているため、上手くリロードできずに『間違えて味方を蘇生するモーションに入って負ける』なんてことも起こりえます。

キーマウのメリット

  • キャラコンがしやすい
  • デスボックスを漁りながら移動ができる
  • 遠距離のエイムが安定する
  • フリックがしやすい
  • ボタン配置が自由

キーマウは主に操作面がPADよりも優れているとされています。

キャラコンがしやすい

一番代表的な違いは、ストレイフのしやすさです。

ストレイフとは、ジャンプ中に方向転換し、敵からの被弾を抑えるキャラコンです。

▼ストレイフの参考

ストレイフをPADで再現するのはかなり難しいとされていて、キーマウでも結構練習が必要です。

遠距離のエイムが安定しやすい

キーマウでは、腕全体で微調整ができるため、リコイルコントロールや遠距離の敵への射撃がしやすいです。

フリックショットがしやすい

このようにパッと視点を移動して撃つのがフリックショットです。

フリックショットもPADよりもキーマウの方がやりやすいとされています。

ボタン配置が自由

キーボードにはたくさんボタンがあるため、自分好みのカスタマイズをすることができます。

キーマウのデメリット

  • 近距離戦がPADに劣る

エイムアシストがない分、動いている敵に弾を当てることが難しいです。

正面での撃ち合いで全然PADに勝てないなんて話もよく聞きます。

まとめ

PADは、近距離での撃ち合いに強いが、キャラコンなどの操作性に欠けてしまうという特徴があます。

その一方でキーマウは、操作性に優れており、プレイの幅が広がるが、エイムアシストがない分、近距離での撃ち合いがPADに劣るという特徴があります。

どちらも極めればそれぞれのメリットを活かして、デメリットを最小限にすることができるため、自分が感覚的に好きな方を練習するのが一番いいと思います。


関連記事
関連記事一覧を見る
最新の記事
最新記事一覧を見る