ゲーム情報最終更新日:2021年8月14日

【APEX】アリーナランクの仕様と報酬をわかりやすく紹介!オススメ武器やキャラ構成まで

メイン画像

Apex Legendsシーズン10からアリーナのランクマッチが実装されました。 通常のバトロワ型ランクマッチと異なり、アリーナ特有のシステムやルールが導入されているので、その仕様や報酬についてわかりやすく解説します。

そもそもアリーナについての知識がない方は、先にこちらの記事をお読みください。

アリーナランクの仕様と報酬

早分かり!アリーナランク8つのポイント

①アリーナランク独自のポイント(AP)を使用
②試合に勝てばポイントゲット、負ければ失う
③最初の10戦は振り分け戦
④ランク帯と内部レートで対戦相手が決まる
⑤上位の敵を倒せばより多くのポイントを獲得
⑥ランク帯の降格保護はない
⑦最高到達ランクの報酬がもらえる
⑧ランクリセットは次のシーズン開始時

専用のアリーナポイントを使用

バトロワ型ランクマッチではランクポイント(RP)が使用されていますが、アリーナランクでは、アリーナランク専用のアリーナポイント(AP)が使われます。

アリーナポイントを獲得する方法

マッチした相手チームに勝つことでアリーナポイントを得ることができ,負ければ逆にポイントが減ります。

キルやアシストでアリーナポイントがもらえることは今のところありません。

勝てばポイントゲット、負ければポイントを失うというシンプルな仕組みです。

参加コストはゼロ

アリーナランクでは、マッチに入る際にアリーナポイントの消費がありません。

最初のランク帯は振り分け戦10戦の結果で決まる

アリーナランクの振り分け戦

アリーナランクを開始すると、最初の10戦は振り分け戦になり、かなり幅の広い敵と当たることになります。

この振り分け戦の勝敗数に応じて最初のランク帯が決まります

10連勝したらプラチナスタート

振り分け戦を全て勝利し、10連勝を果たした場合、プラチナ帯からアリーナのランクマッチが始まります。

筆者は10戦中6勝4敗だったので、シルバー帯からのスタートになりました。

振り分け地直後はマイナスポイントが少ない

振り分け戦直後20~30戦くらいはかなりマイナスポイントが少ないため、すぐにランクが上がりそうな気がします。

しかし、ある一定の試合数を超えるとマイナスポイントが大きくなるため、ランクを上げるのが難しくなります。

対戦相手を決める2つの指標

ランク帯ブロンズ~プレデターまでの7段階のティアに分かれており、基本は同じランク帯で戦うことが多いです。
MMR
(内部レート)
マッチメイキングレーティングスコアの略で、コンピューターが評価した目に見えないプレイヤーの強さの指標です。現時点で自身の数値を知る方法はありません。

基本的には同じランク帯の敵と当たりますが、MMR(内部レート)が高かった場合、シルバー帯のランクでもプラチナ帯の敵と当たることがあります。

敵との実力差に応じてAPの増減が決まる

アリーナランクでは、先ほども説明した通り、MMRという内部レートが採用されています。

この指標を元に実力差を計測し、対戦相手が自分よりも格上であった場合、勝利時にはより多くのAPを獲得、敗北してもマイナスAPは最小限に留まるシステムです。

各ランク帯到達までに必要なアリーナポイント

ブロンズ帯1AP シルバー帯1600AP
ゴールド帯3200AP プラチナ帯4800AP
ダイヤ帯6400AP マスター帯8000AP
プレデター帯上位500人 --

次の各ランク帯に上がるためには1600AP稼ぐ必要があります。

相手との実力差によってもらえるAPは大きく異なりますが、自分の適正ランク帯に辿り着いたとき、勝利しても20AP程しかもらえない沼にはまるため、次のランク帯に行くにはかなり時間と労力がかかりそうです。

逆に実際のランク帯がシルバーでも、MMR(内部レート)がプラチナ帯の実力があると判断すれば、そのランク帯まで勝利時のポイントが多くもらえ、敗北時のマイナスポイントが少ないため、プラチナ帯まではスムーズに辿り着けます。

降格保護がない

アリーナランクでは、バトロワ型のランクマッチのように、ランク帯ごとの降格保護がないため、APが下がりすぎると、ランク帯も同時に下がってしまいます。

 

最高到達ランクで報酬(バッチ)がもらえる

アリーナランクでは、シーズン中に到達した最高のランク帯の報酬がもらえます。つまり、一度でもプレデターに到達すれば、その後マスター以下に降格してしまっても、プレデター帯の報酬を得ることができます。

ランクリセットはシーズン毎

バトロワ型ランクマッチでは、1つのシーズンを2つのスプリット期間に分け、スプリット1が終了したらランクリセットがされてますが、アリーナランクでは、シーズンを通してランクリセットされることはありません

次のランクリセットが行われるのは、シーズン11の開始時になります。

マップローテーションは一時間ごと

アリーナのマップ

アリーナでは現在5種類のマップで戦闘を楽しめますが、アリーナランクでは2週間ごとに3つのマップが選ばれ、1時間ごとに3つのマップをローテーションします。

現在適用されているマップは、「パーティークラッシャー」「オアシス」「オーバーフロー」の3つです。

アリーナでオススメの武器

最強武器はLスター

Lスターの特徴
リロード不要
 ↳定期的に撃ち止めれば、ほぼ無限に弾が打てる
ボルトSMGと火力が同じ
最低限の武器強化で済む
 ↳他のアイテムにお金を回せる

アリーナ最強武器はLスターです。

この武器はプレデター帯でもアリーナで愛用している方が多く、オーバーヒート前に打ち止めればリロードが必要なく、素早くほぼ無限に弾が撃てます。

しかも、ボルトSMGと同じ火力を持っているため、撃ち合いにも負けにくい。

武器の価格も安く、武器強化も最低限で済むため、武器強化にかけるお金をバッテリーやセル、グレネードに回せるため、コスパ最強の武器と言っても良いでしょう。

アリーナオススメキャラ構成

フルパ(3人全員がボイスチャットで意思疎通ができる)ことを前提に最強のアリーナキャラ構成を考えてみました。

アリーナにおける最強キャラ構成

位置把握 物資回収&展開 援護・安定性
シア
シア
パスファインダー
パスファインダー
or
オクタン
オクタン
ライフライン
ライフライン
or
ジブラルタル
ジブラルタル

このパーティー構成は、敵の位置把握物資回収&展開味方の援護と役割が分かれています。

シアで敵の位置を把握

シア

シアの役割は敵の位置把握です。

シアの代わりにブラッドハウンドも考えられますが、パッシブだけで敵の位置が分かり、ウルトで30秒間敵の動きを把握できるため、アリーナではシアの方が確実に強いでしょう。

ただ、まだAPEXに慣れていない初心者の方はブラッドハウンドの方が能力がわかりやすく、貢献もしやすいため、最初のうちはブラッドハウンドで練習して、慣れてきたらシアを使うといいでしょう。

パスとオクタンで物資回収や展開

パスファインダーとオクタン

パスファインダーとオクタンのポジションですが、この2キャラは素早く物資を回収・戦闘時には展開して射線を増やすことができるため、試合を有利に進めることができます。

敵もパスやオクタンを使っている場合、サプライボックスや材料付近で1対1の戦闘になる可能性が高いので、注意が必要です。

また、戦闘中に展開しすぎてしまい、孤立しているところを狙われるケースもあるので、このキャラクターを使う場合は味方と離れすぎないことを意識し、すぐに味方の場所へ戻れる位置取りをしましょう。

ライフラインとジブはチームを支えるの大黒柱

ライフラインとジブラルタル

味方にライフラインやジブラルタルがいると、チームの安定感が増します。

ライフラインのパッシブは味方を蘇生しながら自分も戦闘に参加できるため、一人落とされてしまっても逆転の可能性があります。

また、金バックを購入することで起こした味方がすぐに戦闘に参加できるため、本当に負けにくくなります。

ライフラインはアリーナ最強キャラの一人と言えるでしょう。

ジブラルタルは、パッシブでガンシールド・鉄壁がついているため、かなり固く、落とされにくいことが特徴です。

回復アイテムが限られているアリーナで50ダメージ分吸収し、被ダメ15%カットできる能力はかなりのアドバンテージと言っていいでしょう。


関連記事
関連記事一覧を見る
最新の記事
最新記事一覧を見る