ゲーム情報最終更新日:2021年4月20日

バンガロールのスモークを放つべき効果的なタイミングをまとめてみた

メイン画像
前置き
バンガロールのスモークは、攻めにも守りにも使える万能な能力です。しかし、初心者にはその扱いが難しく、適当なところで使ってしまうと味方の邪魔をしてしまうことが多々あります。
そんなバンガロールのスモークを効果的に使えるシーンをまとめてみましたので、ぜひ参考にどうぞ。

スモークを放つべきタイミング

スモークを放つべきタイミングを大きく分けると、「自分や味方の姿を隠したい時」と「敵の視界を奪いたい時」に分けられます。

この2つのパターンに当てはまる具体的な例を以下の表にまとめてみました。

▼自分や味方の姿を隠したいタイミングの例

  • 自分が逃げる時
  • 味方が逃げ遅れている時
  • 味方の蘇生時
  • デスボックスを漁る時
  • 敵に確キルを入れる時
  • 回復したい時
  • 戦闘後、漁夫が来そうなとき
  • 遮蔽物がないところを移動するとき

▼敵の視界を奪うタイミングの例

  • 自分や味方がピンチの時
  • 敵との距離を詰めたい時
  • 射線を切りたい時

基本的にスモークは生存率を高めるために使うことが多いですが、敵の視界を奪うことができるため、攻めにも使える万能な能力です。 そんなバンガロールのスモークを使う時のポイントもまとめてみました。

スモークを使う時のポイント

▶逃げる時は、進行方向に向かって打とう

逃走時のスモークは、真下ではなく、進行方向に向かって撃つことを意識してください。

真下にスモークを焚いた場合、すぐに自分自身が煙の外に出てしまうので、敵から打たれやすくなります。

真下ではなく、進行方向に向かってスモークを放つことで、煙の中に逃げ込むことができるので、敵からの射撃を防ぐことができます。

▶仲間の動きにも注視しよう

コースティックやヒューズ等の体が大きく、逃げ性能が低いキャラクターは、敵からの攻撃を受けやすいです。

彼らが逃げ遅れた場合に、スモークを使って体を隠してあげると、チーム全体の生存率が上がります。敵チームから逃げる時は、チーム全体の動向に気を配ると良いでしょう。

▶蘇生/漁り/確キル時は自分たちの姿を隠そう

味方の蘇生・デスボックスを漁る・敵に確キルを入れる時には、スモークを焚いて自分たちの姿を隠しましょう。スモークを焚いておくことで、中遠距離からの射撃を防ぎ、安全にこれらの行動を行うことができます

また、漁夫の対策にもなりますので、戦闘終了時にはスモークを焚いてこちらの状況をつかみにくいようにしましょう。

※ブラッドハウンドに注意
ブラッドハウンドのスキルは、スモークの中でも敵チームを赤く強調表示することができます。敵チームにブラッドハウンドがいた場合、スモークの中でもこちらの状況を一瞬で把握されてしまうので、注意が必要です。
逆に、自チームにブラッドハウンドがいると、バンガロールのスモークを最大限生かすことができます。バンガロールとブラッドハウンドの組み合わせはかなり強いので、覚えておきましょう

▶攻め込むときに使う

敵地へ攻め込みたい時や漁夫を狙いに行く時、高所を取られてしまっている時に、敵に向かってスモークを放つと、敵がこちらの状況を掴みにくくなるため、攻め込みやすくなります。

攻める前、特に敵がこちらを認識していない時にあらかじめスモークを打っておく奇襲の成功率が高まります

▶遮蔽物としても使える

スモークは、遮蔽物としての役割も果たせるため、遠方からの敵の射撃を防ぐこともできます。

射線を切りたい方向にスモークを放っておくことで、余計な被弾を抑えながら目の前の敵と戦闘、逃走の時間を作りだすことができます。


関連記事
関連記事一覧を見る
最新の記事
最新記事一覧を見る