ゲーム情報最終更新日:2021年4月1日

スナイパーが当たりやすくなる!?スナイパースコープの秘密と偏差撃ちの練習方法

メイン画像

スナイパーの弾を当てやすくする方法

▶偏差撃ちを理解する

偏差撃ちとは、走っている敵の少し前を撃ったり、遠くの敵を射撃する時にサイトの中心ではなく、弾が落ちることを予測した位置に照準を合わせたりする撃ち方のことです。

▶弾を確実に当てる方法

スナイパーは、縦偏差がかなり簡単な武器です。その理由は、スナイパー用のスコープには、距離に対して弾が落ちる場所が表示されているため、弾の落ち方が明確で、わかりやすいです。

スコープのレティクル

全てのスナイパー用スコープのレティクル(線や目盛り)には、標的との距離や偏差の目安となる数字が記載されており、標的との距離と数字を参考に照準を合わせると弾が当たりやすくなります。

▼相手との距離と照準を合わせるべき数字
距離 照準を合わせる目安
70m以内 レティクルの中心
約100m 2と中心の間
約200m 2
約300m 3
約400m 4

▶走っている敵の命中率を上げる

走っている敵にも偏差撃ちが必要です。キャラクター1体分前を撃つと当たりやすいと言われていますが、実は横偏差も距離に応じて変わります。横偏差と距離の大体の目安を載せておきますので、参考にしてみてください。

距離 縦偏差 横偏差
70m以内 レティクル中央 キャラ1体分先
約100m 2と中央の間 キャラ2体分先
約200m 2 2個目のまる

偏差撃ちの練習方法

  1. 射撃訓練場に入る
  2. 好きなスナイパーとスコープを持つ
  3. 距離に応じたレティクルに合わせて撃ってみる
※チャージライフルには偏差が必要ありません。

練習できる的の場所

▼右奥の戦艦の下

偏差撃ちを練習する場所候補1【全体図】

射撃訓練場に入って右奥に戦艦のようなものがあります。その下の煙が充満している部分にも的があり、偏差の練習をすることができます。距離は400m程離れており、弾の落ち方をしっかりと確認できます。

偏差撃ちを練習する場所候補1【的】

スコープで覗くとこんな感じです。

▼左側の岩山

偏差撃ちを練習する場所候補2【全体図】

もう一つは、左奥の岩の上の部分です。こちらもスコープで覗くと的が確認できます。煙がない分、見やすいので、右側よりも偏差の練習がしやすいです。

偏差撃ちを練習する場所候補2【的】

スコープで覗くとこんな感じです。

高低差が大きい場合の偏差撃ち

高低差が激しい偏差撃ち

高低差が大きい場合は、偏差を若干抑える必要があります。 高所から敵を打ち下ろす時などは、偏差を若干抑えてみましょう。


関連記事
関連記事一覧を見る
最新の記事
最新記事一覧を見る